弁護士を探す

お金に関するトラブルに巻き込まれたら弁護士を頼ることを検討しましょう。債務整理や交通事故など要因は様々ですが、可能な限り専門の弁護士を頼ると効果的に対処してくれます。また、家や職場から近いところに事務所のある弁護士を選ぶと頻繁に通うことができ安心です。

弁護士依頼前に確認すべきこと

ジャッジガベル

依頼内容を整理しておく

弁護士の相談はたいてい時間制でお金がかかります。事実関係を説明するのに手間取ったり、その場で調べたりすることに時間を取ると肝心なことが効けません。事実関係は時系列でしっかりと整理し、調べておけば分かる情報はそろえたうえで依頼に行くとスムーズです。

自分の方向性は決めておく

残念ながら弁護士はカウンセラーではありません。敢えて気持ちの部分まで相談に乗ってくれる弁護士を除けば基本的に法律相談を受けてくれるスペシャリストです。特に離婚のケースでは離婚するかしないかを相談してしまうことがあります。方向性は自分で決めておき、そこを目指すための方法論を聞くつもりで依頼に臨みましょう。

依頼にかかる費用の概算金額

依頼に伴う概算の見積を先にもらうか、初回相談が無料の事務所であればその初回相談時に依頼費用をきちんと聞いておきましょう。成功報酬が上乗せされると思わぬ高額になることがあります。また、当然敗訴しても費用は掛かるので支払えるかをきちんと見極めます。

依頼したときの費用相場感

出してもらった概算費用が妥当かを判断する材料の一つにするために、相場の費用は調べておきましょう。依頼内容によって異なりますが、高いことにはそれなりの理由があるはずです。理由をその場で聞く余裕と、情報があればいざ依頼するときの話がスムーズに進みます。

大きな悩みの自己解決は避けよう【問題解決に強い弁護士が力になる】

女性弁護士

借金で悩んだら債務整理を検討しよう

借金の返済がままならなくなってきたとき、選べる道は自己破産だけではありません。利息制限法に基づいて利息を計算しなおすと、過払い金が戻ってくることがあります。契約通りの支払いができなくとも、新たに分割支払いの契約をして払える範囲で賄うこともできます。弁護士に相談すれば取れる手段を検討してくれる上に、債権者との交渉も担ってくれます。債務整理で道筋をつけ、前に進めるようにしましょう。

弁護士

自己解決は損する可能性が高い

自分に弁護士並みの法律の知識があれば別ですが、一人で解決しようとすると知識不足のため損をするケースが多いです。交通事故の示談も相手となる保険会社はプロなのでこちらに有利な条件をあえて伝えないといったこともあり得ます。示談金や損害賠償金額などお金の金額がかかわるところの判定基準は微妙であり、交渉次第で大きく動くこともあるので、自分もしっかりと代理人を立てて臨みましょう。

大阪での残業代不払い問題は弁護士に相談して解決☆

不倫での慰謝料請求はプロに相談しよう♪

アポスティーユの依頼はこちら☆